Employee

船主様の納得する管理のために。

船主様の納得する管理のために。

美須賀海運株式会社

船舶管理営業 営業部営業一課

2019年入社

国立・法文学部 卒

中村 拓弥Nakamura Takuya

Interviewインタビュー
Q1.どんな仕事を⾏っていますか?

当社は外航船の船主様に対し、その船が安全航行できるような船舶の管理及び、船員を提供しています。
営業部ではこれらのサービスを船主様に売り込む新規案件獲得の活動と共に、顧客の求めるサービス品質向上のために、顧客からの要望を社内に展開する橋渡しも行っています。
私の所属する営業一課は、主に四国島内の船主様を担当しています。
特に今治市は世界三大海事都市に名を連ねるほど、海運業の盛んな地域です。
多くの船主様との関わりを通して、海運業界のスケールの大きさを改めて実感しています。

Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

担当顧客の新しい船が建造され最初の航海に出るまでの業務に携わりました。
1隻の船が造られ、初めての航海に出るまでには管理会社として様々な業務を行う必要があります。
すべての業務が初めての経験という中で、不安になりながらも社内社外問わず、関係者と協力して業務を遂行しました。
最後に船が出港した時は感動と同時に、これから管理を行うという責任の重さを改めて感じました。
また、顧客と交渉し業務を行う上司の背中を見て、上司や先輩から知識も経験もどんどん吸収して少しでも早く顧客から頼りにされる営業マンに成長したいと思いました。

Q3.就職活動中の⽅にひとことメッセージをお願いします

私はこの島国、日本で貿易の99%以上を海運が占めている事実を知り、いわば物流の大動脈である海運業界に興味を持ちました。
そして就職活動を進める中で、採用担当含め関わった方々の雰囲気が良かったということもあり、入社を決めました。
どの業界に就職しても、分からないことや不安なことばかりだと思います。飛び込んだ業界で成長できるか、採用期間中に面接された社員や座談会の雰囲気から会社のカラーを読み取ることも重要だと思います。
是非、説明会で当社のカラーを知って、一緒に働けることを楽しみにしています。

Schedule一日のスケジュール
8:30
出社・清掃・ラジオ体操
9:30
課内ミーティング / 担当船の懸案事項などの情報共有と対応を課内で打ち合わせます。
10:00
メールチェック・状況確認 / 船が遅滞なく運航しているか確認します。
10:30
打合せ等 / 各部署と懸案事項の打ち合わせを行います。
12:00
昼食
13:00
訪問先移動
14:00
顧客訪問 / 新規案件引合いのための訪問や定期訪問を行います。
16:00
帰社
16:30
面談記録作成
17:00
メールチェック・状況確認 / 早急に対応すべきトラブル等ないか確認します。
17:30
経理業務
退社