輸送コストの低減、迅速性、確実性の確保は我が国産業界の至上命題とでもいうべきもの。大王海運では、チップ船などの外航不定期船での貨物輸送や国際コンテナの海陸一貫輸送を通じて産業界の多様なニーズにお応えしています。
1987年の外航不定期船部門参入以来、大王海運は6隻の自社木材チップ専用船の連続建造、大王製紙の輸入する製紙原料輸送に専念してきました。今後は、今日までの経験と実績をベースに木材チップ以外の海上輸送ニーズにも対応すべく、輸送力の拡充に力を入れています。
三島川之江港に入出港する船舶は、外航船、内航船あわせて年間6000隻を数えます。大王海運では1986年の創業と同時に船舶代理店業へ参入し、現在では当港に入港する半数以上の船舶の入出港手続きから船員への細やかなサービスまで、国内外の船会社から高い評価を獲得しています。

船舶代理店契約先
株式会社商船三井
日本郵船株式会社
川崎汽船株式会社
八馬汽船株式会社
南星海運ジャパン株式会社
シーケー・マリタイム株式会社
株式会社白水ライン
三菱鉱石輸送株式会社
大王海運では輸出入貨物に関わる通関を、積揚荷役、コンテナバンニング、倉庫保管、デリバリーという一貫作業のなかで重要な部門として位置づけ、正確性とスピードを何よりも重視し、関税法その他関連法規に精通したスタッフが多品目の通関に努めています。