Employee

世界中を走り回る外航船の安全運航の為、陸側からのサポートをする

世界中を走り回る外航船の安全運航の為、陸側からのサポートをする

美須賀海運株式会社

海務監督 船舶管理部 第一フリート(海務)

2015年入社

国立・法文学部 卒

川内 梨紗子Kawauchi Risako

Interviewインタビュー
Q1.どんな仕事を⾏っていますか?

私の所属している第一フリート(海務)は、本船が安全に運航できるように陸側からのサポートを行う部署です。
当社にて管理している1隻1隻が、世界中の様々な場所を航行している為、時間・言語・気候条件などが異なる船が相手となる仕事です。
具体的には、本船の安全運航に必要な海図や書籍の手配、本船が通過する海域・変動する天候に関する注意喚起、寄港地ごとの規則や慣習などの情報を船に共有する業務を行っています。また、本船の航海には専門的な知識も必要なため、実際に船員として乗船経験のある社員や外国人監督との情報共有も大切な仕事の一つです。日々、担当している船の位置やスケジュールを確認し、お客様(船の持ち主である船主)や本船の船員などとコミュニケーションをとり、安全運航に支障をきたさないようにモニターしています。船側、陸側の信頼感、お互いの責任感がとても大切な仕事です。

Q2.どんな時にやりがいを感じますか?

貨物を積み、運ぶ。トラブルなく航海をやり遂げたときには、達成感とやりがいを感じます。
私の担当船は、寄港する地域や貨物が固定でない船が多く、ルールが厳しい港への寄港や、管理が難しい貨物を積んだときは、気を配らなければいけない事も増えます。私自身、第一フリート(海務)に異動になってからまだ半年ほどで、毎日毎日学ぶことだらけですが、様々な経験を積むたびに自ら気が付けることも増え、一航海を無事に終えるごとに達成感とやりがいを感じています。
また、定期的に船に赴いて、実際に船員と話す、自分の目で本船の状態を見る事も、仕事へのモチベーションアップややりがいを感じられる業務の一つです。
初めて担当船に訪船をした時に、船長から、陸側からの指示は理解できるが、実務上とても難しいんだと相談を受けたことがありました。
電話やメールではなかなか難しい部分を丁寧に伝えてくれ、担当として信頼し相談してくれたことがとても嬉しく、とてもやりがいを感じられました。貨物を積み、運ぶ。トラブルなく航海をやり遂げたときには、達成感とやりがいを感じます。
私の担当船は、寄港する地域や貨物が固定でない船が多く、ルールが厳しい港への寄港や、管理が難しい貨物を積んだときは、気を配らなければいけない事も増えます。私自身、第一フリート(海務)に異動になってからまだ半年ほどで、毎日毎日学ぶことだらけですが、様々な経験を積むたびに自ら気が付けることも増え、一航海を無事に終えるごとに達成感とやりがいを感じています。
また、定期的に船に赴いて、実際に船員と話す、自分の目で本船の状態を見る事も、仕事へのモチベーションアップややりがいを感じられる業務の一つです。
初めて担当船に訪船をした時に、船長から、陸側からの指示は理解できるが、実務上とても難しいんだと相談を受けたことがありました。
電話やメールではなかなか難しい部分を丁寧に伝えてくれ、担当として信頼し相談してくれたことがとても嬉しく、とてもやりがいを感じられました。

Q3.就職活動中の⽅にひとことメッセージをお願いします

船舶管理業という業種はあまり聞きなれない人もいるかと思いますが、とても幅の広く大きな業種です。
今あまり知らないという方も、一度踏み込んでみると相当奥が深く、大変興味深いものだと思います。
また、当社のよいところは、男性女性関わらず、若いうちからたくさんの経験ができること、先輩や上司との距離も近く、色んな経験を持つ方と仕事ができることです。私自身も入社してから、そういった方々とのかかわりの中で大きく成長させていただいたと思っています。
この業種や当社に興味を持たれた方、ぜひ一緒に当社で働いてみませんか!

Schedule一日のスケジュール
8:30
出社・清掃・ラジオ体操
課内の朝会 /本日の予定の確認、必要事項周知、本船の動静(スケジュール)、メールの確認、チーム内での情報共有等
通常オペレーション業務 / 海図等手配状況の確認、貨物の状態、天候のチェック
12:00
昼食
13:00
午後の仕事開始 / メールの確認
打ち合わせ等 / 社内で打ち合わせがあれば参加したり。
通常オペレーション業務 / 海図等手配状況の確認、貨物の状態、天候のチェック
17:30
退社 / 明日の予定、本船の動静(スケジュール)の確認